鍵穴専用の潤滑剤を流し入れる

鍵をさしたときに引っかかりがある場合には、鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴からあふれるくらいにたっぷり流し入れます。鍵穴専用の潤滑剤はホームセンターやネットショップで簡単に手に入ります。黒い液体が出てくるかもしれませんが、それは鍵穴の中に溜まっていたゴミやほこりが出てきた証拠です。 

潤滑剤を入れた後は、別の純正キーで何回か抜き挿ししてみてください。スムーズに抜き挿しができれば鍵穴内の汚れや潤滑油切れが原因ですが、別の鍵を入れても引っかかりがある時は、経年劣化などが原因かもしれません。鍵穴や鍵全体の交換をおすすめします。

 

潤滑油以外のオイルを使うのはNG

要は鍵穴の滑りを良くすればいいのだからと潤滑油以外のオイル(サラダ油など)を入れるのはやめてください。潤滑油のように汚れが出てこないだけではなく、オイルがゴミや汚れと混じって固まったり、サビの原因となってしまいます。