鍵

 

鍵本体をキレイにする

鍵についた汚れが鍵穴にさした際にくっつき、中で溜まったせいで抜けなくなるケースも多いです。そのため、鍵本体の汚れを落としてキレイにすれば、トラブルが起きにくくなります。使わなくなった歯ブラシなどで鍵の溝やくぼみの部分をブラッシングしてみましょう。

 

鍵に鉛筆の芯を塗る

鉛筆の芯を塗り込んだら余計に汚れてしまうのでは?、と思うかもしれませんが、鉛筆の芯には黒鉛が含まれています。元は鍵穴の潤滑油として使用されていた成分ですし、鉛筆だと塗り込みやすくておすすめです。塗り込む時は手や服に汚れが付きやすいので注意してください。