合鍵を作る時に必要な物

手元にある鍵さえあれば合鍵が作れる、という訳ではありません。鍵の種類によっては、身分証明書などが必要な場合もあります。

ざっくりと言えば、セキュリティ度の高い鍵であればあるほど、合鍵を作る場合には時間とお金がかかります。いざという時に焦ったりしなくてもいいように、鍵の種類、取扱店、費用や必要なものはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

鍵の種類 取扱店・所要時間 必要なものなど
ディスクシリンダー、ピンシリンダー どこでもOK。その場で受け取れる 特になし(身分証明書が必要な場合も)
ロータリーシリンダー 合鍵の合鍵は断る店もあるので、要問合せ。受け付けてもらえる場合はその場で受け取れる 特になし(身分証明書が必要な場合も)
ディンプルキー 専用の機械がないと受け付けてもらえない。メーカー登録制で、合鍵を作れない鍵もある。メーカーから取り寄せになるので、10日~2週間前後。店頭で作る場合は15~60分ほどで受け取れる。合鍵の合鍵を作ることはほぼ不可能 セキュリティカードのある鍵の場合は忘れず持参
イモビライザーキー 専用の機械がないと作れず、受け付けてくれる店はとても少ない。近所で受け付けてくれる店を探すより、ディーラーに頼んだ方が良いことも。メーカーや車種によって部品が異なるため、その場で受け取れることはほとんどない。運よく部品の在庫があれば、30~60分で作ることができる。 メーカーや車種によって異なる
国産車、バイクの一般的な鍵 どこでもOK。その場で受け取れる 特になし
カードキー ほぼ受け付けてもらえないため、メーカーから取り寄せになる。身分証明書が必要になる場合もあるため、賃貸物件の場合は、店でなく管理会社などに頼んだ方が手軽な場合もある 念のため身分証明書が必要

合鍵の作製時間・値段相場は異なる

実際に合鍵の作製を依頼したとき、時間が費用がどれくらいになるのかどうかは、鍵の種類や個別の製品、そして依頼した鍵業者によって異なります。