知っておきたいハチの活動時期

日本で一般的に知られているハチといえば、ミツバチ、スズメバチアシナガバチの3種が代表的です。基本的に巣に近づいたり刺激をしたりしない限り、人間に被害は及びませんが、攻撃的になりやすい季節などを知っておくことは大切です。とりわけ、攻撃性・威嚇性が強いスズメバチは注意が必要です。

スズメバチは、4月になると冬眠から目覚めた女王蜂が巣を作り始めます。冬からこの頃までがおとなしい時期です。後に働き蜂が生まれ、巣の活動が活発化されていくにつれて攻撃性も増していきます。最も興奮しやすく凶暴となるのは、繁殖のピークである8月から10月です。

巣を守ろうと警戒心が強くなり、近づくものに対して強い攻撃性を示します。知らずに接近してしまった際、カチカチと顎を鳴らし警告音を出しながら飛んでくることがあるので、その場合は走らず、逃げず、騒がず、静かに身を屈めてゆっくりその場を離れます。アウトドアや登山シーズンと重なる夏の活動時期は、こうしたハチ対策も心がけておくとよいでしょう。

津山の害虫駆除は、蜂の巣もお任せの「ロックサービスみまさか」へ
~ハチの駆除なら業者が行う信頼の技術で~

津山害虫駆除なら、ハチの駆除を行う業者「ロックサービスみまさか」へお任せください。「ハチの姿は見かけるけれど、巣がどこにあるかわからない」「床下から羽の音が聞こえる」そんなときもお気軽にご相談ください。

ハチの習性に詳しい専門スタッフが電話一本で駆け付けます。害虫駆除以外にも、鍵のトラブルや不用品回収・買取、ハウスクリーニングなど幅広いご依頼に対応可能です。津山をはじめ、美作市、真庭市など岡山県北部エリアの皆様のお悩みを解決いたします。

津山で害虫駆除をお考えの方は「ロックサービスみまさか」にご相談を!スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどの駆除を行います

津山の害虫駆除なら、蜂の巣の撤去を承る「ロックサービスみまさか」にご相談ください。ハチの駆除でご依頼が多いのは、大きく分けてミツバチ、アシナガバチ、スズメバチの3種類です。中でもスズメバチは凶暴性や針の毒性が大変強いとされ、過去にも被害事故が多いため、一刻も早い蜂の巣の撤去・ハチの退治が必要です。

比較的おとなしい性質といわれるアシナガバチ、ミツバチであっても、ハチを駆除しようと不用意に巣に近づくことは危険です。「どうしたらいいかわからない」とお悩みの方は、まずはお電話ください。害虫駆除のプロ「ロックサービスみまさか」が迅速に対応いたします。